SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


アップルデンタルセンター

歯科医師 矢部 亨

今回の内容はプロフェッショナルの時とは、少し違った視点で放送されていたように感じる。 なかでも日本の保険制度に触れている点は予防やメインテナンスでは自費診療になる点や、歯科医療は一方的に受けるものではなく患者も参加することで成り立つことなど、テレビを通して伝えたことでより一般化されてくると思う。また、村上龍さんと熊谷先生の対談形式が一方的にこちらが伝えるというより、より患者目線の疑問に応えることができてよかった思う。


放送後の反響として私が感じたことは二つあった
一つ目は、患者の考え方が徐々に変わってきていると感じた点である。番組放送後たくさんの新患が『より質の高い医療を受けたい』『自分の歯で一生をおくりたい』と当院にも予約が増加した。この反響をみて、私たちがやっている医療には意味があり患者自身も求めているということにとても嬉しく思えた。
また一方で、予約申し込みをした患者の中には自分なりの解釈をしている人も多く受付、 DH、 Drが最初の段階でしっかりと期待値調整をしなければいけないとも感じさせられた。


二つ目は、通院患者の変化だった。今まで初期治療を終え二期治療中だった患者から『あの番組を是非家族に見せたい』という意見を受けた。(今まで、言われるがままこの治療を受けていたが番組をみて治療の流れの意味がわかった気がします。このようないい医療を是非自分の家族にも受けてもらいたい)
私たちが、今まで伝えてきたことは患者に伝わっているようでうまく伝わっていないことがある。伝えることと伝わることの意味の違いを実感した。この医療を正しく伝えられたなら、やはり自分の大切にも受けてもらいたいと思うはずだ。
私自身、今回の放送を通して改めて患者へ伝えることの難しさと重要性を実感するいい機会になった。今後もチェサイドでの説明、患者セミナー等の説明の質を高めていきたい。