SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


日本橋すこやか歯科

歯科医師 大島 拓也

今回の放送を見終えて、MTMが当たり前の世の中にしなくてはならないと強く思いました。規格性のある資料、歯周検査、唾液検査を行い、診査診断し、患者さんに情報提供を行わなくては、何かあったときに訴えられて負ける、ような世の中にしたいです。
熊谷先生が酒田でご開業された時は、このような形でテレビ番組に取り上げられるとは世の中の人は想像できなかったはずです。しかしいま現実に日本一の歯医者さんとして番組に取り上げられている。三十年間で日本は変わりました。熊谷先生が作ってくださった道を次の三十年間で我々がどう歩むのか、番組を観ていてそう感じました。
我々は去年の4月に院長交代、医院名変更、改装を行い、MTMを導入しました。いま32歳の自分がどこまで創造できるのか、あと40年しかありません。患者さんのためにやれることは全部やる。日本がどうなっているのか楽しみです。
王道を進み、MTMをやることはもちろん当たり前でそこからどのような価値を創造していくのか、海外から見た時も日本のMTMは最高のシステムだと評価してもらえるような、そんな歯科医療を日本橋にて日々こつこつと積み上げていきたいと思います。
最後に熊谷先生、日吉歯科診療所のスタッフのみなさん、関係各位の皆さん、このような素晴らしい放送をありがとうございました。