SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


アップルデンタルセンター

歯科衛生士 小倉 恵美

今回のカンブリア宮殿や、以前放送されたプロフェッショナルを通して感じることは、やはりいま私たちが発信している医療は間違っていない、という確信と、少しずつではあるが、今後の日本の未来に希望の光が差し込んできているのを感じた。
その理由のひとつに、放送後に予約を取られる患者さんの傾向が変わってきた。
今までの治療にくる患者さんの傾向としては、“痛い・取れた、すぐにやってくれないのか”というような訴えをする患者さんが多かったのだが、以前と変わってきたこととしては“予防歯科をやっている歯医者さん”を求めてやってくる患者さんが増えていることである。
これは、カンブリア宮殿などのメディアにも取り上げられたことにより、熊谷先生が長期にわたって構築しつづけてきた信念や結果が、より多くの国民の意識を変えてきているのだろうと思う。

正直私も、MTMを始める数年前までは次々に削られていく歯をみてもこれが歯の寿命を短くさせ、一度削れば元に戻らないということなど考えていいなかったと思う。患者教育という概念もあまりなった。しかし、今となっては、この医療のかたちこそ、当たり前の医療でなければならないと思えるようになった。
今回の放送が、国民はじめ、医療機関の方々の「きかっけ」になってくれることを心から願う。特に、現在従来型の医療をしている歯科医師や、歯科衛生士には、何が違うのか、ということを考えるきかっけになって欲しいと思う。 予防歯科が、特別なのではないということを、これからくる患者さんにも伝えていきたい。

今回放送の一部に当院も携わることができ、山形県の歯医者と同じように行っている歯医者さん、という認知度がでてきた。しかし、これからがとても大事で、今まで受けてきた治療や固定概念のギャップを埋め、なぜこのような医療を提供しているのか、20歳までに虫歯にさせずに天然の歯でいることが、どれだけ素晴らしいことなのか、メインテナンスの大切さを伝えていくことが必要であろう。
そして、これからも患者さんに伝え続けていく姿勢を忘れず、医院一丸となって日々精進していきたいと思う。