SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


延徳歯科医院

歯科医師 仲川 なぎさ

番組の中で特に印象的だったのが、日吉歯科に通う患者さんが、医院のことを自慢げに話す姿でした。酒田市に日吉歯科があること、そこにメインテナンス通院していることが、誇らしいことであると思っている様子が、言葉の端々から感じられました。通常、医院で知り合いに会うと、何となく気恥ずかしいものかもしれませんが、予防型で日吉歯科に通院していることが一つのステータスになっているのだと思います。患者さんへの教育を行い、地域に根ざしていくことで、患者さんも医院を育ててくれているのだと思います。当院も地道に活動していくことで、この地域の方々に育てられ、愛される医院を目指したいと気持ちを新たにしました。
また、やはり日吉歯科医院のような医療が成立するためにはチームとしての力が必要なのだと思いました。治療中心ではないため、患者さんはDr個人ではなく、医院の理念に共感して通院していると思います。その期待に答えるべく、スタッフ教育やシステム確立に日々研鑽していくことが大切であると改めて思いました。
当院のスタッフが、どのような感想を持ったのか興味がありましたが、みんなが自分のことのみならず、歯科界のことや社会全体についても洞察する意見があり、その感性を嬉しく思いました。