SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


延徳歯科医院

歯科衛生士 山本 奈菜

今回の放送を、私自身がとても楽しみにしていました。しかし、長野県の地上波では見ることができず、とても残念でした。放送翌日、スタッフ全員で見ましたが、歯科にあまり興味のない人にも予防することの大切さが伝わる番組だったと思います。当院に通っている患者さんや、予防歯科というものを知らない人、多くの人に見てもらいたいと思いました。
日吉歯科と同様に、当院にも家族ぐるみで通院している患者さんはいますが、お子さんだけだったり、お母さんだけしかメンテナンスに来ていない方も多くいます。私自身も、もっと家族ぐるみでの通院を促していけるといいのかなと思ったのが番組の感想です。
私の周りの衛生士の多くは、口腔内写真や唾液検査は学校でしかやったことがないといいます。私も当院に勤務するまではそうでした。一般の友人には、いい歯医者ってどうやって選べばいいの?とよく聞かれますが、答えられません。私たち衛生士は、勤務した医院の院長の診療方針に従うしかありません。患者さんも、歯科医院は痛くなったら通うところ、と考えている方がほとんどです。今後は、予防とメンテナンスが日本全国に普及し、日本全国にオーラルフィジシャン型の医院が増えて欲しいです。
歯科衛生士というライセンスを生かせる医院に出会えて、大変なこともたくさんありますが、やりがいのある仕事だと改めて感じました。