SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


延徳歯科医院

受付 曽我まどか

「自分の歯を知ることが健康の原点である」この言葉が、酒田市民のみなさんにしっかりと根付いていることを知りました。学校の授業で予防について勉強している小学生の姿を見て、自分が小学生だった頃と対称的でとても興味深かったです。 特に、先生が用意した卵を二日間お酢に漬けておくとあんなにも溶けて柔らかくなってしまうことには驚きました。目で見て、触って、と内容がとても工夫された授業で分かりやすいと思いました。また唾液の持つ大切な役割を子どもの頃から理解しており歯に対する意識の高さを感じます。また学校だけではなく、家族ぐるみで自宅でのケアを念入りに取り組む姿がとても楽しそうに見えました。毎日のきちんとしたケアが習慣として身に付いていることで、生涯自分の歯で食べることが出来る秘訣に繋がっていくことを再認識しました。
どうして虫歯が出来るのか、なぜプロによるケアが必要なのか、自分はなにが原因で歯を失ってしまったのか、まず知らなくては予防の重要性を理解することは難しく感じます。 現在の状況を見て、この先の将来を見据えて改善すべきことを知っているのと知らないままとでは意識の変化を大きく変わってくると思います。改めて、歯を削り被せるだけの治療をすることだけで終わりではない。意識が生まれるのはやはり予防歯科であって役割だと実感しました。