SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


古市歯科医院

歯科医師 古市 彰吾

今回の番組構成は、プロフェショナル(NHK)の放映よりもアプローチの手法が良かったと感じました。
メインテナンスを現在当たり前にうける酒田市民と、そこに至るまでの過去の患者さんと熊谷先生の格闘を多少なりとも感じ取ることができました。
また、行政や歯科医師会が話題にほとんど介在していないことが、ビジネスモデルとしての成功と公益性という視点で捉えており巧妙な制作側の配慮が伝わって参りました。
私の歯科医院において、メインテナンスするために通われているクライヤントの方々も自分たちが同じ価値観を共有していることを再認識されています。
私のオフィスは首相官邸の隣にあり外資系金融機関やNTTドコモの本社ビルが入居している立地です。ここで、15年やってきましたが、この都会で知識教養の高い方々に対しての啓蒙活動もやはり大変です。都会の市民のほうが、もしかすると既成概念に捉われている人が多いのかもしれません。番組の中で、熊谷先生も開業15年ぐらいは経営的に大変だったとおっしゃっていたので、私も「これからだな」と前向きな気持ちになりました。
私のオフィスでは、1時間12,000円でメンテナンスを行っております。現行の疾病給付型の日本の医療制度で、治療で費やす歯科医療コストの無駄と予防で健康を維持できる効果(健康維持への投資)という視点対比をご理解頂くことに重点をおいています。
地方で開業されているユニットを増設可能で家賃のかからない方々も、おそらくメンテナンス自費化は、かなりのハードルだと思います。しかし、天国へ行くことのできる医療人であり続けるためには超えないといけないハードルなのでしょう。 私のオフィスにおいて、医院の拡張は物理的に無理なので、5台のユニットの中での最大限公益性のある医療を展開するべく、人材育成を含め日々改善を重ねております。そのことをご理解頂ける多くのクライヤントの方々に、20年30年後にわたり、未来の口腔の健康を担保し、より良いサービスを提供するかたちで何とか収益性を確保して歩んで参りたいと存じております。

最後に、熊谷先生!東京にいらした際、是非イルピアットに参りましょう。
ご連絡ください。