SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


おおくぼ歯科クリニック

歯科医師 大久保 恵子


2004年、初めて熊谷崇先生の講演を聴く機会を与えられ、当時34歳だった私は稲妻に打たれたように感銘を受けた。
「これだ!」と思った。
一緒に受けていた衛生士と自院へ帰り、ミーティングを重ね、たった1日だったが、熊谷先生が作られたシステムを真似しようと必死だった。
新患が来ると1時間かけてCRTの必要性、予防の大切さを力説し、自己満足していた。
放送を見て、10年前のあの日の自分が蘇った。

それから紆余曲折あり、1度は挫折しながらも、5年前から心を入れ替え、システムを見直し、現在忠実に行っている。
放送の中の岡先生の気持ちもよくわかる。当院でも一時期は新患数が激減し、歯科医師の仕事が無くなり、続けられるか不安だったことも昨日のように思い出す。
しかし、ここ2年程は患者も戻り、何よりも仕事が楽しくてしかたが無い。
放送を見ながら、MTMをやり通して本当に良かったと実感した。と同時に、患者の行動をここまで(酒田の方)程変えられているかと言うと自信が無い。
反省点が次々と浮かんだ。

歯科医師として、何を優先すべきか、その答えが熊谷先生の言葉の中に常に存在する。
歯科医療の「本質」。上手い治療に勝るもの。自分の歯。

放送後、毎日のようにあの番組を見たといい患者から電話がある。
日吉歯科診療所からの紹介も多数頂き、心から感謝いたします。
理解して下さる方がたくさんいる幸せ。価値観を同じにしたスタッフとそれを求める患者が私の歯科医師としての尊厳を支えている。

プロフェッショナルに取り上げられなかった苦労もたくさんしてこられた熊谷先生。
番組を見ながら、感動と感謝が止まらなかった。

補足
 番組を見た父(一般人)より。
 熊谷先生素晴しいね。お前もこれをやっているとすれば、本当にいい事しているね。
 お前の医院がこれを忠実にできているなら、それは旦那のお陰だ。
 番組中の(岡)先生のように、借金の返済を目の前にして、家族を養っていかないとい
 けないのが普通で、そうなれば背に腹は代えられないよ。
 大黒柱じゃないお前だからできたんだ。旦那に感謝しろ。
 との事。痛い所を突かれました。主人に感謝いたします。