SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


つきやま歯科医院

歯科衛生士 諌山

今回のプロフェッショナルは、歯科についてどんな仕上がりになるか楽しみにしていました。
特に私が印象に残ったキーワードは「自分の歯を知り、意識してもらう」です。
このように患者教育ができるのは私たち歯科衛生士です。歯科衛生士は歯科医師よりも患者さんと接することが多いため担当制にし、より患者さんの口腔内を管理するとてもやりがいのある職業です。
ですが、従来の歯科では歯科衛生士本来の業務ができずに、診療補助ばかりだったと言われています。現在では、科学的根拠に基づいた予防ができる時代になりましたが、今でも歯科衛生士本来の業務に専念できていない歯科医院がまだたくさんあります。
今回の放送で他の医院に広がる良いチャンスだと思いました。

そして、地道に患者教育を行うことで長年のデータができ、過去を見直すことができます。そのためにも規格性のあるデータコレクションが大切です。今回の放送で改めて、日々行っているからこそ口腔内写真やレントゲンの規格性をもっと極める必要があると思いました。
今回のことで自分自身見直すいい機会になりました。ありがとうございました。