SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


つきやま歯科医院

受付 山中 さくら

日吉歯科に通っている子どもに「フロスと歯ブラシどちらが気持ちいいか」と質問した時にすぐにフロスと返答があったことが、他の歯科医院とは違うと感じました。小児の低年齢の内から定期健診に通っていて、お母さんやその子どもたちに歯に対する知識や関心を持ってもらっているという事が伝わると思いました。また、日吉歯科だけでなく、青葉デンタルクリニックの診療の様子などもあり対比して見比べることができて分かりやすかったです。。
私自身、小さい頃から矯正をしていて、“歯を拡大する装置を毎日取り外しでつけないといけない”となった時になぜその必要があるのか、その意味を患者である自分自身が理解する事が大切だと感じていました。
例えば、動かした歯は装置をつけないと元の位置に戻るはたらきがあるという事は、歯科では当たり前の知識だと思います。
しかし、患者自身が装置をしないといけない意味まできっちり理解した上でないと治療は上手くいかないのだと思いました。
歯の予防に関しても同じだと感じました。ただ、先生や衛生士さんに言われたから“する”という受け身の状態ではよくないと思います。
患者さんの0の知識から、フロスをする意味やフッ素を取り入れることの意味をこちら側から発信して本当に理解してもらって初めて患者さんのものになるし、患者さんのためになるのだと思いました。
歯科に関わっていなければ、歯医者は痛い時に治療をしに行く所というイメージのままだったと思います。今回のプロフェッショナルの放送で “歯科医院=治療”ではなくて“歯科医院=予防と治療”という考え方があるということをさらに多くの人に気づいてもらえたら良いと思いました。