SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


延徳歯科医院

歯科衛生士 佐藤 美季

 当院で前々からプロフェッショナルの放送日を掲示していたのもあり、
患者さんから放送日前には「もうすぐですね。楽しみです。」当日には「いよいよ今日ですね。見ますよ!」翌日には「昨日見ました!もっと早くにこういう歯科医院に出会えていればよかった」「唾液検査って聞いたときはやらなくてはいけないの?少し高いな?と感じていたけどとても重要なのですね。リスクも分かったし、やって良かったです。」など、何人かの方が感想を伝えて下さいました。やはり、テレビの影響力は大きく、プロフェッショナルを見て私も歯科医院にかかりたいと電話を下さった方もいます。日本の歯科の実態として、まだまだ痛くなったら行き、治療が終わったら終わりという考えが多いですが、普段患者さんからよく聞く言葉が「今まで予防なんて聞いたことがなかった。」「こうやってちゃんと説明してくれてずっと見てくれる歯科医院がなかなかない」ということです。コンビニの数ほどの歯科医院があるのに、削ることしかしない歯科医院が多いのはとても残念です。

 今回の放送で唾液検査に触れている部分が多かったので、見た方からも唾液検査に対する感想が多かったですが、私の個人的な感想としては、初診からメインテナンスまでの流れやメインテナンスの重要性など診療内容にもっと深く触れて欲しかったなというのが正直なところです。今後、歯科衛生士に密着したプロフェッショナルの放送回があればいいなとも思いました。

 放送の中に出てきたメインテナンスに通われている方々の歯がとても綺麗で、80歳以上の方も20本以上の歯が残っており、硬いものも食べることができ、フロスは欠かせないと言いながらブラッシングしている姿には感動しました。多くの人に、自分の歯について知ってもらい、歯を失うことなく、一生自分の歯で美味しく食事ができるようなサポートをこれからもしていけるよう頑張りたいと改めて思いました。