SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


市野歯科医院

歯科衛生士 塩崎 萌乃

 プロフェッショナルを見て改めて患者教育の大切さを理解しました。患者さん自身が歯を守りたいという意識が強くなければ、こちら側ばかりがいくらメインテナンスをしていても、きちんとした予防になりません。患者の口腔内にどんな補綴物があり、いつ頃どのように治療したのかという情報も知らない患者がとても多い中で、ただメインテナンスが重要ですと伝えても患者さんにはほとんど伝わらないと思うし、自分のリスクを把握できない人に歯が痛くないのに歯科医院に定期的に通ってくださいと言っても、理由をきちんと納得して通ってくれる人は少ないと思います。そこで重要になってくるのは唾液検査なのだと思いました。どんな説明をするにしても一番明確に結果を出してくれるのは唾液検査ですし、x-rayや口腔内写真だけでは説得力に欠けると思います。でも実際は“保険外の唾液検査の料金が高い”や“やっても意味あるのか”という患者がとても多いです。齲蝕と唾液の関係性をもっと患者さんに知ってもらう必要があり、リスクを把握することで今後の患者自身の口腔内を守れるのだということを何よりも知ってもらう必要があります。今回のプロフェッショナルの内容は、見るだけでどれだけリスクを知ることが大切だということが理解できるため、患者さんの意識を少しでも変えることができると思いました。
 実際に今まで唾液検査をやりたくないと言っていた患者さんがテレビを見た後で唾液検査をやりたいと言ってきた方もいます。一回の放送でも影響が大きいため。こういった放送をまたやっていただけるともっとたくさんの人の意識を変えることができるのではないかと思います。患者が意識向上してくれれば、私たちもスムーズに検査をすることができるし、検査の結果を話していてもその話の中でたくさんのことを患者さんが吸収してくれると思います。私たちももっと知識をつけて。よりよい情報を患者さんに提供することが重要になってきます。
 今回の放送でまた患者教育の大変さを理解することができたので、もっと勉強して新しい知識を身につけていかなければいけないと感じました。