SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


市野歯科医院

歯科衛生士 市野 史乃

 私が尊敬する熊谷先生と目標にしている日吉歯科診療所がどのように描かれているのかと、プロフェッショナルの放送をとても楽しみにしていました。番組を見終わった率直な感想は、もっともっと伝えて欲しかった、熊谷先生、日吉歯科の魅力はそれだけではないという想いでした。しかし、再度見た時に熊谷先生の「軸」が様々な角度から映し出しており、一つ一つの映像がどれも深い意味やキーワードになって自然に入ってくることに気づきました。
 開業から10ヶ月が経ち、日吉歯科を目標に診療していますが、強い信念を持っているつもりでもブレそうになることがあります。実際に日吉歯科を目で見て、勉強させてもらい、この医療をやると心に決めたのにブレそうになるのです。何もないところから現在の日吉歯科を作り上げた熊谷先生は、想像以上の強い信念と、逃げないブレない心を持ち続け努力されたのだと改めてすごさを感じました。
 放送後から当医院にも通いたい、メインテナンスを受けたいとの問い合わせが多く、驚いたとともに、やはり多くの人が、現在の歯科医療に不満を持っているのではないか、このような医院をもとめているのではないかと感じました。また、当医院に通っている患者さんもプロフェッショナルを見て「プロフェッショナルでやっていた歯医者と全く同じことをやっていて驚いたよ。自分もそこと同じ理念を持って診療している医院に出会えて通えて嬉しい。通うことでどこか安心してしまったけど、自分にも責任があることを改めて感じたからホームケアを頑張ってきた」と言っていました。その言葉を聞いて嬉しいと同時に身が引き締まりました。
 今回の内容は一般の方、医療従事者にもそれぞれにメッセージが込められていました。多くの人が生涯自分の歯で食べることが当たり前になるためには、正しい知識が必要です。ぜひ、この放送の第二弾、第三弾をやってほしいと思います。