SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


市野歯科医院

受付 山本 明世

 「自分の歯を残したい」「入れ歯にはなりたくない」など、おそらく多くの人が考えていると思います。しかし、それを意識しはじめるのは自分の歯を数本失ってからであることが多いように感じます。自分の歯のことなのに、それに関して意識が低く、歯もむし歯になったら歯医者に行くということが「普通」になっています。その「普通」を覆し、自分の歯に関心を持たせ、患者教育をすることが大切なのだと思いました。人の意識を変えさせるのは大変だと思いますが、本当の患者利益を求め、熱意を持って患者たちと向きあっているからこそ、それが多くの患者に届き、その結果年間1万人以上の人がメインテナンスに通ってくるのだと思うし、本当にすごいことだと思いました。
 むし歯になったと言って突然電話をしてきた今まで通りの「普通」の意識の患者には応急処置しかせず、口の中をきれいにしてからでないと治療をしないという徹底のすごいと思いました。きっと患者さんたちは、痛みの有無に関わらず、すぐに治してほしいと思っているだろうし、意識が変わる前だからこそどうして早く治療してくれないのかと思われそうですが、リスクを説明し、口の中の状態を知ってもらい、すぐに治療しても、むし歯を繰り返すだけだということにも理解して頂くことは難しくとも、本当に重要なのだと、再認識しました。そして、それに対して患者さんたちが意識を変えることで応え、自分の歯を守りたいと思って定期的に歯医者に通う、これは理想的な関係だと思います。だからこそ私も意識を高くもち、知識をもって“プロフェッショナル”には程遠いですが、患者さんたちの歯を守りたいという気持ちにこたえる手伝いができたらいいと思いました。