SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


早乙女歯科医院

歯科医師 早乙女 雅彦

全編を通じてメインテナンスの大切さが良く分かる内容だったように思います。
前半の診療風景から、メディカルトリートメントモデル(MTM)の重要性や患者さんに分かりやすい記録を見せて患者さん自身に考えてもらう、意識を変えてもらうことが大切なことが良く伝わってきました。
また、患者さんの持つリスクを歯科医、衛生士が良く理解し、患者さんにも分かってもらうこと、その為には規格性のある口腔内写真やデータの大切さ、患者指導(教育)の重要性も良く描かれていたように思います。
患者さんの要望を受け入れてすぐに治療をしてしまい次に来院されなかった事例やメインテナンスをしていたにもかかわらずカリエスが発生してしまった事例等から何が必要なのかを考えさせられ一般の方々だけでなく歯科医療従事者にとっても大きな課題を提示していただいたように思います。
オーラルフィジシャンセミナーの内容から、MTMを実践することの難しさも良く伝わってきました。
しかし、予防とは患者さん一人一人の意識を変えることで、本当の患者利益を考えれば信念を曲げずに貫き通す事が大切なことが良く分かりました。
この仕事を貫くには対患者さんの問題だけでなくその他にも多くの課題を乗り越えねばなりませんが、強い信念を持ってまさにぶれない志が大切なことを強く感じました。
番組を拝見し大きな勇気をいただきました。

この番組を見て多くの市民の方々が歯科に対する考えを変えてくれるのではないかと期待しています。
そしてそれに応えるためにもオーラルフィジシャン歯科医院としての使命を果たし続けなければと強く思いました。