SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


中央歯科クリニック

奥富 恵美子

満を持した熊谷先生の登場は、何よりうれしい事でした。スタッフの出勤前から、医院・働く環境を整えておこうという早起きの先生の姿には、患者さんを支えるスタッフも大切。そうしてこそのメンテナンスと私達に伝わりました。お家でのお食事のご様子に、私達と日常かわらぬ方が「特別のことをやって下さっている」と感じました。至らぬ私達にもまだまだやれることがたくさんあります。ましてや番組で詳細にわたりお示し下さった診療は、丁寧の一言に尽きます。その曖昧にしない妥協なさらないお姿勢にあらためて心打たれました。昨今スキルばかりに光が当たり、カッコよさばかりが尊ばれる中にあって、正攻法でいくとの意味はかけがいないものです。カチカチの正攻法はいただけませんが、その意味でライセンス(免許)持つものの責任ですと言いきられたこそが、患者さんの信頼を勝ち得るのだと思いました。患者さんと歯科医院のかかわり方を変えるには、患者さんの意識を変えることだと言われて久しいですが、それは翻れば自分たちが意識を変えること・プロとしての自覚と責任を持つことだと番組は伝えていました。おいしそうに納豆をかき回す熊谷先生が、ひとたびこだわりの白衣を着て帽子をかぶられると目がキッと本気モードになられました。茶化して申し訳ありませんが、
美味しいものに目がなかったり、八神純子がお好きだったりする人間・熊谷崇先生だからこそ貫ける理想への道は、番組によって多くの方に様々な「意識の輪」を広げたと思います。意味のあるパートではありましたが、九州の開業したての先生の部分が多少多すぎた感は否めません。それなりに私共歯科側には意味は理解できましたが、分量的にもう少し圧縮されてもよかったと思います。その分熊谷先生の開業医の域を超える、様々なご活動・海外でのご評価・何より唾液検査を日本に導入されたブラッターる先生のお写真は、唾液検査のご紹介の時に、その業績をたたえて写真だけでもお載せすべきでした。そのきっかけも熊谷先生がつくられたことで、長年にわたり培ってきてくださった熊谷先生個人での人脈の積み重ねを、もう少しご紹介いただきたかったです。なぜなら今の大学の教授陣にこれほどまで、歯科界の発展を願い、憂い、歯科界の評価が上がること、すなわちそれによって患者さん方が幸せになることを実践なさる歯科医がいるだろうか?ということです。大学・専門学校がもっともっと現場を知り・実情を認識して動けば、教育ももっと実際的な身になるl教育に変っていくはずです。そういう方向に進めば、職業として魅力も増し、なりたい職業が海外のように上位になるでしょう。
歯科大学・衛生士学校が定員割れで、学生の獲得にあの手この手で右往左往する様は、恥ずかしい限りです。学ばざる者食うべからず。10月の4・5日遠い
酒田に全国から集まる歯科医師・歯科衛生士・コ・デンタル。羽田についても
乗り継いで遠くまで帰る仲間たちに、いつもエール送りたくなります。1ショットでも先日のチームミーティングの写真は載せてほしかったし、今回のハイデルベルグのキム先生の発言も、テロップでもちょこっと流してほしかったです。

またこれとは別に、私共のような歯科関係者でなく、一般の方・患者さんはこの放送ごらんになってどう思われたか?伺ってみたいです。又開業医でなく、大学の歯科関係者はどう思ったか?も知りたいところです。いずれもアンケートとられて実際の反応わかるといいですね。熊谷先生がなさろうとする、イノベーションは今日のこの時点というものでもありません。いつでもどこでも誰でも、種まきを多くすることです。放送がどのように伝わったかの検証は、とても意味あることと思います。放送翌日、朝礼中に初めての方から数本のお問い合わせの電話が入りました。どのお電話も、このようなお考えの歯医者さんを探していました!というものでした。治療を受けてもなんだかなぁと悩んでいるうちに、症状は進みますし、ご気分もよくなるはずがありません。お悩みの方は真剣だからです。一人でも多くの歯科関係者がこの放送で、「何かを感じ」一人でも多くの患者さんが「そうか!」と気づいて下さればいいですね。放送・とりわけNHKの力はすごいものです。
私達も精進しながら、続けていきます。