SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

活動報告



NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」~ぶれない志、革命の歯科医療が放映されました 「カンブリア宮殿」に熊谷崇が出演しました 「未来世紀ジパング」に熊谷直大が出演しました 日吉歯科診療所 あしたのコミュニケーションラボ

歯科関係者感想

戻る


福田歯科医院

歯科医師 福田 健二

番組放映翌日から、日吉歯科に問い合わせて、北海道という事で当院を紹介された方から数件、どこの歯科医院で同じような診療を受けられるかという電話を頂き、正直お答えをためらってしまった。少なくとも当院では、(番組で紹介された診療システム)MTMに真面目に取り組んでいるが、同じような歯科医院は道内何処にあるかと聞かれた時、自信を持って紹介できるところがあまりにも少ない。

番組を見て同じ様な診療を受けたいと望まれた方に対して、『当院でしたらご希望の診療を受けて頂けますが、患者さんの言葉で日吉歯科と同じような診療を受けたいという事を伝えてください。』と申し添えて、定期管理型の医院(当院の患者さんが転勤などで転居する時に紹介している)を紹介させて頂いた。

医療を受ける側からの声(ニーズ)を高め、本当の患者利益をもたらす歯科医療の姿を国民に知らしめる絶好の機会だったが、受け皿があまりにも少なすぎるのが本当に歯がゆい。
本当の国民の求めるべき医療は何かを伝え、それは患者利益をもたらすという事を実証し、それをしっかり提供できるネットワークづくりが急務である。
その為に当院でしなければならない事は何か、地域の口腔の健康を守り育てる拠点としての一端を担う責任をどう果たしていくべきかを熟考させられた。

当院の患者さんからは、励ましや感謝のお言葉を頂いたが、ライセンスを持つ者の責任を重く感じ、スタッフ一同、尚一層の緊張感を持ち、日々の仕事に励む決意をした。