SAT 真の患者利益のため予防歯科を中心にした歯科医療へ

歯科界の常識を超えるためのパブリック・コメント

セミナー


オーラルフィジシャン・チームミーティング2016

去る10月15日(土)16日(日)、酒田市民会館希望ホールにて、オーラルフィジシャンチームミーティング2016が酒田市長に歓迎のご挨拶をして頂き、開催されました。 2006年から毎年開催して参りましたチームミーティングも今年で11回目を迎えることができました。 回を重ねるごとに規模は大きくなり、今年は歯科医院数115、企業展示数17、参加者825名にお集まりいただき、過去最大規模での開催となりました。 例年にも増して魅力的なプログラムとなりましたが、特に2日目には「歯科医療のイノベーション〜医療と企業の連携〜」と題したパートを設け、以下の企業の方々に医と産業の連携の重要性・福利厚生としての社員の歯科メインテナンス費用 補助の重要性に関してご講演・ディスカッションをして頂きました。


  • 株式会社平田牧場 代表取締役社長 新田 嘉七様
  • 株式会社ナカニシ 代表取締役社長 中西 英一様
  • 全日空商事(株) 執行役員 荒牧 豊様
  • ライオン(株) 事業開発部長 和田 啓二様
  • 富士通株式会社 ヘルスケアシステム事業本部 未来医療ビジネスセンター マネージャー 武久 文之様
  • 富士通株式会社 人事本部福利厚生部長 高野 恭子様

また、地元酒田を始め、以下11の企業・団体の方々にもお集まり頂き、今後より一層、企業と歯科医院の連携が求められることを感じたミーティングとなりました。


  • インテル株式会社
  • シロナデンタルシステムズ株式会社
  • 株式会社メタジェン
  • エーツーケア株式会社
  • 株式会社エースネット
  • 株式会社ホテルリッチ
  • 酒田酒造株式会社
  • サーモテクノ株式会社
  • 健康保険組合連合会山形連合会
  • 株式会社荘内日報社
  • 社会福祉法人生活クラブ風の村

ご協力頂きました関係者の方々、ご参加いただきました方々に改めて感謝申し上げます。以下にプログラム、写真、感想文を掲載いたしま
す。感想文は参加人数を考慮しまして、一部のみとさせて頂きますことをご了承ください。


◆パート1

「スウェーデンの歯科医療からみる世界」

スウェーデンでは口腔健康の管理において歯科医師と衛生士はどういった教育を受けてきているのか、歯周疾患において予防はどこまででき、その限界はどこなのかといったスカンジナビアの歯周病学のオーバービューに加え、学位論文にもなっている欠損補綴におけるインプラントの効果についてお話しいただきます。


◆講師

マルメ大学歯学部教授 Thomas List先生Dr. Jan Derks


  • 2003:ドイツFreiburg大学歯学部卒業
  • 2009:歯周病専門医資格取得。イエテボリ大学歯周病専門医
  • 2015:イエテボリ大学Ph.Dプログラム卒業

イエテボリ大学歯周病専門医プログラムを卒業後、Ph.Dプログラムをスタートし2015年に学位を取得。学位論文は” Effectiveness of implant therapy in Sweden”というタイトルで、その一冊の論文集の中に四つの論文が掲載されています。いずれの論文もインパクトファクターの高い雑誌にアクセプトされ、ヨーロッパにおけるインプラント学会でも学生でありながらメインスピーカーを務められています。


◆パート2

「歯科医療におけるプロフェッショナリズム」

プロフェッショナルとは知識と技能の集合体、専門技術で社会の利益と福利に寄与する、つまりプロフェッショナリズムとは社会との契約とされている。David Sternによれば、医療におけるプロフェッショナリズムは、臨床能力・コミュニケーションスキル・倫理的理解および法的理解をベースに、卓越性・ヒューマニズム・説明責任・利他主義の4つの柱で構成されると説いた。

天野先生は2006年に米国医科大学協会総会にて米国における医療プロフェッショナルと出会った。翌年には世界的に最も有名なメイヨークリニックを訪問し、医療倫理とヒューマニズムを意識した医学教育について学ばれた。医療のプロフェッションであるからこそ求められる、守るべき医療規範、医の心とは何かについてお話しいただく。


◆講師

天野 隆弘先生


  • 国際医療福祉大学大学院 大学院長
  • 山王メディカルセンター 名誉院長



◆パート3

「歯科医療のイノベーション〜医療と企業の連携〜」

今、日本の医療はまさに新しい時代への転換期を迎えている。さまざまな問題を抱え、既存の医療制度のままでは日本の医療は崩壊を免れない。今こそ、これまでの医療から脱却し、イノベーションを起こさなければならない。
近年の一般企業では健康経営として、経営者が従業員とコミュニケーションを密に図り、従業員の健康に配慮した企業を戦略的に創造することによって、組織の健康と健全な経営を維持していくことを会社に求めている。社員の健康増進は就労環境の改善や業績の上昇にもつながるとみて企業に積極的な取り組みを促すように、社員の健康管理を行うために役員級の責任者を置くことを経済産業省も奨励している。
本パートでは医療と企業における様々な連携を通じて、いかに国民を健康に導くのかをディスカッションしていきたい。


<ディスカッション参加者>

医療法人社団日吉歯科診療所 理事長 熊谷 崇
株式会社ナカニシ 代表取締役社長 中西 英一様
株式会社平田牧場 代表取締役社長 新田 嘉七様

全日空商事(株) 執行役員 荒牧 豊様

ライオン(株) 事業開発部長 和田 啓二様
富士通株式会社 ヘルスケアシステム事業本部 未来医療ビジネスセンター マネージャー 武久 文之様


◆パート4

「オーラルフィジシャン診療所の取り組み〜健康増進の受け皿となるために〜」

いつまでも自分の歯で食事して健康でいたいという国民は以前よりも多くなってきている。特に近年は企業が社員の健康維持のために、口腔メインテナンス費用を一部補助する仕組みが増えてきた。2016年以降はますますこのような取り組みは増加すると予測される。

企業努力によって口腔メインテナンスが受けやすくなる一方で、受け皿となる歯科医院があまりに少ないことが大きな課題となっている。国民のニーズ、そして企業との連携において我々歯科医院はどのように応えるかを考える。

今回は既にメインテナンス自費化に移行したいくつかの医院より、その取り組みにおける課題や解決策、そして今後の展望についてお話ししていただく。


<プレゼンター>

幡野 紘樹(日吉歯科診療所)

畑 慎太郎先生(アップル歯科クリニック)


■開催概要

日時 2016/10/15(土)〜10/16(日)
会場 酒田市民会館 希望ホール
〒998-0043 山形県酒田市本町二丁目2番10号
希望ホールへのアクセス
定員 1200名
参加資格 ありません
参加費 ・1医院/1企業あたりの参加費です。1医院/1企業あたりの人数、職種に制限はありません。
・参加費は、お申し込み日時でなく、ご入金の日時で決まります。

オーラルフィジシャン育成セミナー修了、または受講中の医院
 2016/01/31までの入金:80,000円(税込み86,400円)
 2016/01/31以降の入金:100,000円(税込み108,000円)
一般医院
 2016/01/31までの入金:100,000円(税込み108,000円)
 2016/01/31以降の入金:150,000円(税込み162,000円)
企業参加
 100,000円(税込み108,000円)
弁当 10/15:1,000円(1個)  10/16:1,000円(1個)

■タイムテーブル(画像をクリックすると拡大します)

タイムテーブル

■写真(写真をクリックすると写真が拡大されます)


オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■会場・受付
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■開会
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■スウェーデンの歯科医療から見る世界
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■休憩・A2Care紹介Movie上映
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■The effectiveness of Implant Therapy
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■The effectiveness of Implant Therapy 質疑応答
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■The effectiveness of Implant Therapy 記念品贈呈
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■地酒試飲会
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■健康社会を支える医と産業の新しい連携 part1
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■健康社会をえる医と産業の新しい連携 part1 ディスカッション
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■歯科医療におけるプロフェッショナリズム
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■健康社会を支える医と産業の新しい連携 part2
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016
■企業展示
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016 オーラルフィジシャン・チームミーティング2016

◆感想(クリックすると感想文をごらんになれます)

Dr

DH

その他


◆新聞掲載記事

オーラルフィジシャン・チームミーティング2016新聞掲載記事10月16日
オーラルフィジシャン・チームミーティング2016新聞掲載記事10月19日